小学生の方へ

ニュースってなんですか?

ひとはひとりではきていけません。
ほかのひとといっしょに生活せいかつをすることできていけるのです。
そして、ほかのひと生活せいかつすることが、社会しゃかいをつくっていくのです。

社会しゃかいのいちばんちいさな単位たんい家族かぞくでしょう。友達ともだち地域ちいきくに世界せかい社会しゃかいひろがります。
社会しゃかいができると、毎日まいにちさまざまなできごとがこります。
また、産業さんぎょう発達はったつすると、便利べんりになる半面はんめん公害こうがい地球温暖化ちきゅうおんだんか問題もんだいてきます。

ひときて生活せいかつすれば、かならなにかがこります。そのきたことが「ニュース」なのです。
ニュースをり、なぜこのニュースがきたのかをることは、社会しゃかいることなのです。
いま、きていることをることは、将来しょうらいなにきるのだろうかということをかんがえるヒントにもなります。

N検を受けるといいこと

1なかきていることがかる!

テレビや新聞しんぶんのニュースをて、「むずかしい」「自分じぶんには関係かんけいない」とおもっていませんか?Nけんけると、「むずかしい」とおもっていたニュースが「かる!」ようになります。実際じっさい、Nけんけたひとの83%が「ニュースがよくわかるようになった」とこたえています。

2中学入試ちゅうがくにゅうしに!時事問題じじもんだい合格ごうかくめる!

中学入試ちゅうがくにゅうしでは、ほとんどの学校がっこう時事問題じじもんだい出題しゅつだいされ、がつきやすい分野ぶんやとされています。N検合格けんごうかくのために勉強べんきょうをすることで、入試にゅうし必要ひつようちからにつきます。

3学校がっこう勉強べんきょうにもつながる!

けん問題もんだいには、社会科しゃかいかほか教科きょうかならうことがたくさんてきます。また、Nけん合格ごうかくのために勉強べんきょうしたことは、社会科しゃかいか授業じゅぎょうやテストで役立やくだちます。 社会科しゃかいか得意とくいひとも、テストでてんをとりたいひとも、みんなで一緒いっしょ挑戦ちょうせんしてみましょう。

保護者のみなさまへ

中学入試で「時事問題」の出題が増えているのは、世の中についての理解や知的好奇心が、入学後の学力、人間形成の両面で大いに役立つと考える中学校が増えているからです。国語や算数で受験者間の力の差がなくなるほど、普段勉強しにくい分野である時事問題の正解・不正解が合否の分かれ目になるとも言われています。また、ニュースを読み解く力は、社会科だけでなく、国語や理科、算数の長文問題を正確に読みこなす能力の養成にも役立ちます。

学びのフェス2018夏「めざせ!ニュース博士」