中学生

※所属は取材当時のものです。

 今回、私は3度目の挑戦となる6月の検定で、1級に合格しました。

 1級と5~2級では、問題のレベルが圧倒的に違うため、勉強方法を変えなくてはなりませんでした。1級はこれまでと同様、テキストを読み、問題集を繰り返し解くことは勿論、日々のニュースの背景などを追究していかなければなりません。今回の検定では、特に6月までに起きた重要なニュースに的を絞り、それらについて重点的に追究したり、過去2回分の間違えた問題の解き直しをして勉強しました。

 これまで2回の不合格で少し心が折れそうになっていたのに加えて、中学校での初めての定期テストも重なり、勉強時間を確保するのがとても大変でした。それでも、私はニュース検定を通して、たくさんの新しい知識を吸収することがとても楽しく、また2級合格の際にインタビューをして下さった協会の方との約束を思い出すことで、なんとか頑張って乗り切る事ができました。

 このニュース検定で培った知識は、私が選挙権を得たときに、その時の世の中の動向を見極めた上で、誰に投票するかを決める時や、自分のジャーナリストという将来の夢を叶えたりする時のために役立たせていきたいと思います。

 ニュースは日々移り変わっていくものなので、その時の自分の知識の度合いを確かめるバロメーターとして、これからも1級に挑戦し続けていきたいです。

 小学生の頃、塾でニュース検定のチラシを貰いました。ニュースに少し興味のあった私は、受けてみようとテキストを購入しましたが、難しくて断念。時は経ち、中学2 年生になる頃、新型コロナウイルスの感染拡大により学校は休校に。暇を持て余し、ニュース検定に再チャレンジすることを決めました。2 年生で3 級に合格後、上位級の勉強をしていませんでした。しかし、もっとニュースの知識を身に付けたいと思い、夏休みを利用して、準2 級を飛ばしてCBTで2 級を受検。そして無事に合格することができました。とても嬉しく思っております。ペーパー試験の日に予定があった私にとって、CBT試験の存在はありがたかったです。残り時間が画面に表示されるため、時間管理がしやすかったと記憶に残っています。

 勉強法は、テキストと問題集をひたすら読む。そしてテレビや新聞から最新のニュースを取り入れ、自分の中で更に理解を深めていきました。用語が難しく、なかなか頭に入らないこともありましたが、合格への強い思いで試験勉強を乗り越える事が出来ました。問題集とテキストは共に10周以上読みました。

 ニュース検定の勉強を通じ、世の中で起きているニュースをバランス良く知る事が出来ました。また、情報を取捨選択する力も身に付きました。さらに、「知らないことを知る」ことの楽しさも知りました。

 ニュース検定を受検して本当に良かったと思います。合格の喜びも味わうことが出来ました。この合格体験記を読んで、ニュース検定を受けてみようと思った方がいれば嬉しいです。

 私が、ニュース検定を受けようと思った理由は三つです。

 第一は、知識向上。第二は、ニュースへの理解度向上。そして、第三は実績を残したいという気持ちからです。第一の知識向上については、社会に出て、生活するためには知っておかなくてはならないことがたくさんあると感じていました。父母、そして4歳年上の兄が話している内容ですら、ついていくことができなくなることが、とても多くありました。社会についての知識をもっと身につけたいと思いました。

 第二は、ニュースへの理解度向上です。政治、経済、国際いろいろなニュースがある中、私は、語句の意味が解らない、過去の出来事について知らないので理解ができないことが数多くありました。ニュース検定のテキストで、わかりやすく、語句、過去の出来事を学ぶことができました。

 第三の実績については、中学一年生の夏休みを通じて、何か一つでも実績を残したいと思いました。問題集や過去問チャレンジを正解できるまで、何度も解きなおしをしました。知らない言葉だらけで、嫌になることや、何故、同じ問題を何度も間違うのだろうと自分が嫌になることもありましたが、今では、最後までやり抜いて良かったと思っています。

 今回、CBT試験を受検しました。マークシート試験の受検会場は限られていますが、CBTの受検会場はさまざまな場所にあり、自宅から近い会場で、受検することが出来たためです。間違った番号のところへの解答ミスや、塗りつぶし方のミスがなくて済むことや、解答に自信のない問題にチェックして、見直しをすることが出来ることが、CBT試験の良いところだと思います。

 ニュース検定の受検日が、学期末テストの直後で、直前の勉強時間がとれないので、無理かもしれないとあきらめかけましたが、なんとか合格して、実績を残すことができました。受検後も合格できているかどうか不安でした。いまでも、時事に関する知識は、不十分ですが、受検前の自分と比べると、かなり知識がついたと思います。ニュースを見るときも、そして、家族との会話も、とても楽しくなりました。

 最後になりますが、このような素晴らしいニュース検定を運営している全ての方々に、感謝の思いで一杯です。ありがとうございます。

 私の勉強法は「雑学を蓄えよ」です。

 ニュース検定を初めて受検した印象として、必要なものは雑学のように思いました。私は雑学が好きだったので、受検勉強は公式テキストを読み、公式問題集を一通り解いて、テスト前に一度見直す程度でした。普段からニュースを見て時事問題に触れていなかったら、点を取るのはなかなか難しかったでしょう。

 私が思う効率的な雑学の蓄え方は、テレビ局などがYouTubeで配信しているニュース動画をまとめてたくさん見ることです。勉強だとは思わずに、動画を楽しんでいます。そんな方法でいいの?と思われるかもしれません。しかし、動画を見るだけなので、簡単な上に案外頭に入ります。

 私の場合は、友達との雑談で時事問題を話題にすることも多く、これは一種のアウトプットであり、他のどの方法よりも効果を感じています。ニュースを話題にできる話し相手を見つけたら、それだけで検定のみならず社会科のほとんどを網羅する勉強法になると思います。

「ねえ、今度N検受けてみない?」
そう母に言われたのは検定試験2ヶ月程前のことだ。
「どうせ、僕は理系なんだから…」
「英検と同じく所持資格のところに書けるらしいわよ!」
「なら、やる!」

 こうしてN検対策が始まった。

 まず公式HPで5・4・3・準2級の過去問を解き、一番合格できると自信をもった3級を受検しようと決めた。しかし、学校のテストがあり、検定対策をなかなか始められなくて、気づけば受検日直前となっていた。

 僕は市販のノートに公式テキストの問題部分や、先生からもらったミニテストをコピーしたものを貼って勉強した。検定試験当日も朝早く起きて、1度間違えてしまったところを繰り返し解き直した。授業と授業の間の休憩時間や、昼食などの隙間時間もノートを見て暗記していった。

 英検とは異なり、試験時間が短く、すべてマークシート式だったため、非常に楽しく勉強をして本番を迎えることができた。

 社会科(公民・政治・歴史)が好きな人はとてもうってつけである。

 今まではあまりニュースが好きではなく、ニュースを見る機会は多くありませんでした。しかし、N検を受けたことでニュースの面白さを知り、今では空いた時間には自分からニュースを見るようになりました。ニュースで入ってきた新しい知識は、社会科の授業の予習にもつながり、より一層授業がすんなりわかるようになりました。

 N検対策には、主に市販のテキストを少しずつ読んで覚えるとともに、日々のニュースに耳を傾けて勉強しました。テキストはわからない単語の意味まで丁寧に書かれており、そのあとニュースを見ると内容がすんなり入ってくるのでおススメです。

 N検を受けるとニュースの見方が変わってきます。N検は毎日ニュースを見てテキストをしっかり読めば、結果は必ず付いてくると思います。ぜひチャレンジしてみてください。