大学・短大・専門学校生の方へ

学生の方に知ってほしい!ニュースのススメ

学生の方に知ってほしい!ニュースのススメ
学生の方に知ってほしい!ニュースのススメ

『準備した質問は大丈夫だけど、何気ない会話が苦手』
『急に話題を振られると、アタフタしてしまう』そんな経験ありませんか?

近年注目度が高まっている「雑談力」。ニュースは、その雑談力とも強く結びつきます。

 人と人が一緒に仕事をするうえで、相手との関係性を高めることは非常に重要です。仕事をしているのだから、仕事の話をしていれば大丈夫、ということはありません。相手と雑談をできるかどうかで、人からの印象はぐっと変わってくるものです。

 ニュースを知っていると、話題が格段に広がります。政治、経済、スポーツ、社会問題など、さまざまな分野の最新情報が、ニュースとしてみなさんの手元に届きます。誰がどんな話題を振ってくるかは予測できません。でも、ニュースを日々追いかけていれば、突然出てきた話題でも、慌てずに対応できるようになるでしょう。

 仕事中はもちろん、就職活動でも何気ない会話を交わす機会は増えています。ニュースを見て、雑談力を高めましょう。

社会に出たとき、時事力は重要な力として、その効果を発揮するでしょう。

社会人基礎力と呼ばれる力を知っていますか?
時事力は、その中でも「課題発見力」や「状況把握力」と密接に結びつくと考えられます。

 ニュースは課題発見力を高めるツールとして効果的に機能します。というのも、ニュースは、次のようなものさしを基準に提供されています。すなわち① 新しいこと ② 人の生死や人生に関係していること ③ 社会性が高いこと ④ 地域の暮らしに関係していること ⑤ 国際性があること です。

 こうした情報を収集することは、社会人基礎力の中で提示されている「課題発見力」や「状況把握力」において、課題のありかや、現代社会の状況を把握するための指針となります。

 ニュースを見ること、継続的に情報を収集することは、若手の社会人や就活生の活躍を後押しします。

公務員試験の筆記試験は、時事問題対策は必須です。特に政治経済はニュースを話題として問題が展開されることも少なくありません。

また、最近では面接試験の比重も高まり、「最近気になるニュース」も問われやすい質問の一つのようです。

 公務員試験対策の一環として、時事問題の学習の必要性は高まっているようです。今までであれば、筆記試験対策として、時事問題対策本で勉強すれば、対策として十分でしたが、昨今の「人物評価重視」の傾向で、面接試験の比重が高まってきました。

 自治体によっては面接カードに事前に「最近気になるニュース」を書かせて、面接本番で聞くケースもあるようです。その際に重要になってくるのは、「時事問題を語れるかどうか」です。

 志望する自治体が抱える問題や、みなさんが考える課題を、最新の社会動向と関連付けて考え、説明し、その解決方法を提示していくことが必要となるでしょう。日々、ニュースを追いかけることは、一問一答形式以外での時事問題の問われ方に柔軟に、対応できる力を育てます。