IBT試験 実施要項・お申し込み

IBT試験とは

Internet Based Testingの略称で、インターネットを経由して実施する試験です。
カメラ付きのパソコンで受検し、試験中は終始カメラを通じて試験監督が監視しています。
PBT試験(マークシートによる試験)や CBT試験(Computer Based Testing)のように、指定の会場で受ける試験ではありません。

第59回検定

お申し込みの手順はこちら
サンプル試験の受検はこちら

検定日時 11月20日(日)※公開会場のマークシート試験と同時刻に開催
受検方式 在宅オンライン受検
実施級 2級・準2級・3級
申込締切日 10月20日(木)
お申し込みはこちら ※お申し込み後の変更、キャンセル、返金はできません。
受検票の発送 受検票の発送はありません。
申込完了後に送信されるメールに記載のURLから試験会場に入室してください。
正解発表 11月25日(金)正午
合否発表 12月9日(金)正午
結果通知および合格証書 12月26日(月)正午
※紙での結果通知及び合格証の発送はありません。
マイページの成績ボタンからダウンロードしていただけます。

検定内容

こちらをご覧ください

検定時間(目安)

準2級 13:00〜14:00
2級・3級 15:00〜16:00

※上記の時間は目安です。
実際の検定時間は申し込みページでご確認ください。

検定料(消費税込み)

2級 4,800円
準2級 3,800円
3級 3,300円

受検資格

学歴、年齢、性別、国籍の制限はありません。

併願

検定時間が重ならない限り可能です。
※マークシート方式(公開会場・準会場)の試験とIBT試験を両方申し込むことはできません。

検定料のお支払い

コンビニエンスストア、クレジットカード払いが選べます。

お申し込みにあたっての注意事項

  • ・タブレットやスマートフォンでの受検はできません(カメラの代替とすることもできません)
  • ・第三者が同じ空間内にいる公共スペースでは受検できません(※1)
  • ・通信速度が遅いなど、本人確認・監視や受検がスムーズに行えない場合は受検できません
  • ・受検者ご本人の上半身(正面を向いて顔と耳と肩が明瞭に判別できる)の映像が確認できない、マイクで音声を聞き取れない場合
  • ・身分証明書の提示がない場合や条件を満たす身分証明書の提示がない場合
  • ・登録情報と身分証明書の氏名、生年月日が一致していない場合(※2)
  • ・受検者側の不備により、受付終了時刻までに本人確認が開始できない場合
  • (※1)許可するケースはこちら
    ・自宅かつ小さなお子様(乳児など)やペットの同室※試験中の離席 は不可です。
    ・自宅かつ第三者の一時的な同室( PCの設定補助など)
    ・複数受検者が同室受検している場合(教室、会議室など)
    ※不正ができない距離にいることの確認が取れる場合のみ許可とします
    ・ネットカフェ、レンタルスペースのようなところ
    ※4面壁あり個室、周囲に人がいないのが前提
    上記以外で特別な対応が必要な方は事前にニュース検定協会に申請してください。
  • (※2)有効な身分証はこちら
  •  マイナンバーカード
    運転免許証
    パスポート
    住民基本台帳カード
    在留カード
    特別永住者証明書
    障がい者手帳
    その他公的機関の発行している写真付き証書
    社員証(※)
    学生証(※)
  • ※社員証・学生証は受検者が所属する企業・団体・教育機関が発行するカード等で、以下の4点を満たしている場合に、有効な本人確認書類とします。
  • 1. 証書内に顔写真がある
  • 2. 姓・名ともに記載されている
  • 3. 企業・団体・教育機関名またはロゴや校章が記載されている
  • 4. 「プラスチックカードへの印刷」「ラミネート加工」「顔写真に割り印またはエンボス加工」のいずれかに該当するもの。またはスマホアプリタイプの学生証も有効です。
  • ※顔写真つきの身分証明書を保有していない場合は以下を2点以上とする
  • 健康保険証、社員証、学生証、通学定期券、マイナンバー通知カード、住民票の写し、年金手帳・証書、共済組合証、共済年金証書など

  • ・複数のアカウントを作成する行為
  • ・IBTと PBT(マークシート)の受検申込を重複して行う行為
    ※重複申込を確認した場合には、 PBT 試験を無効といたします。
  • ・カメラに他の人が映り込む・マイクに他の人の声が入る(同じ空間内に第三者がいる)状態
  • ・所定の使用機器や持ち物以外の持込・使用(デュアルディスプレイ、複数モニターは使用不可)
  • ・ブラウザ以外のアプリケーションの使用
  • ・画面のキャプチャやスクリーンショットを撮る行為
  • ・メモを取る行為
  • ・問題を読むなど、音声を発する行為
  • ・試験中の飲食・喫煙
  • ・試験中の途中退席(トイレ退席を含む)
  • ・試験問題を含む試験に関して知りえた情報の複製、第三者への開示、漏えい
  • ・試験終了ボタンを押す前に画面(ブラウザ)を閉じる行為
  • ・試験中に故意にPC カメラを手で覆ったり、 OFF にしたりする行為
  • ・試験中に故意にマイクの音声をOFFにする行為
  • ・試験中に援助を受ける・与える行為
  • ・他の人の代わりに受検する行為
  • ・その他の不正行為や不正行為と疑われる行為
  • ・その他、試験委員の指示に従わない場合
    ※公正・公平な試験実施のために、試験時の映像や音声を録画・録音するケースがございます。

  • Ⅰ.使用する機器やネットワーク環境がExcertの利用に対応しているか確認する
    確認事項は以下の通り
    ・使用機器:インターネットに接続されたコンピュータ(※カメラ・マイク付きのPC 。タブレットでは受検できません)
    ・ OS: Windows10及び Windows11最新版、 MacOS 最新版
    ・ブラウザ: GoogleChrome最新版 ※必ず最新版をお使いください。GoogleChrome以外のブラウザでは受検できません 。
    ・ネットワーク環境:上り下りともに2Mps 以上の回線速度
  • Ⅱ.受検環境チェックを実施する
    こちらのサイトにアクセスして全項目クリアしていることを確認
    ※ネットワーク速度のチェックは検定日と同じ曜日の同じ時間で確認してください。
    ※試験開始時の本人確認の際に PC に搭載されているカメラを使用して机の上と受検する部屋全体(360 度)を見せていただきます。

IBT試験に関するお問い合わせは
お問い合わせの際は件名を「ニュース検定問い合わせ 」としてください 。