検定内容

ニュースを初めて学ぶ人を対象に、検定の入門編となる5級から、多角的により高いレベルでの知識を問う1級まで、6段階に分けて実施します。 各級の目安や出題範囲、過去の出題例を参考に受検級をお決めください。

各級の目安

受検対象の目安 程度
1級 大学生・一般 2級レベルの力を基に、世界的・歴史的な視点で現代社会を位置づけられる。
2級 高校生大学生・一般 新聞やテレビの主要なニュースを、背景も含めておおむね理解し、生かせる。
準2級 中学生高校生大学生・一般 高校の公民科の「現代社会」「政治・経済」で学習したことを生かせる。
3級 中学生高校生大学生・一般 中学校社会科の公民的分野で学習したことを生かせる。
4級 小学生中学生高校生 小学校社会科や、中学校社会科の地理的分野や歴史的分野で学んだことを生かせる。
5級 小学生中学生 小学校で学んだ社会科の知識・理解を生かせる。

検定内容

公開会場試験(マークシート形式)

検定時間
各級50分
設問数
各級45問
出題形式
1級
四肢択一(マークシート)
一部記述
2~5級
四肢択一(マークシート)

CBT試験(コンピューター形式)
※9月6日(日)実施(2~3級のみ)
※公開会場と同じ時間帯(準2級:13:00~14:00 / 2・3級:15:00~16:00)で実施します。

検定時間 各級50分 出題形式 2~3級 四肢択一
設問数 各級45問

合格基準

1級 80点程度 / 100点満点
2~5級 70点程度 / 100点満点

出題範囲

各回、検定日の約1カ月前(目安)までのニュースを[政治/経済/暮らし/社会・環境/国際]の五つの分野から出題します。 2020年度に実施される2~5級の検定問題の約6割は、2020年度版公式テキスト・問題集から出題されます。これら公式教材は原則として2019年末までのニュースに基づいて編集していますが、一部のテーマは、それ以降の動きを踏まえた内容も含んでいます。