過去の検定問題

準2級出題

問1

日本と韓国の間には、従軍慰安婦問題があります。これに関連して、正しい記述を次から一つ選びなさい。

1. 慰安婦問題に関する日韓合意(2015年)を、韓国の文在寅政権は一方的に破棄した。
2.日韓合意に基づいて、日本政府は元慰安婦を支援するための財団を設立した。その資金は韓国政府が拠出した。
3.日韓合意を受け、韓国側は日本大使館前に設置されていた、慰安婦問題を象徴する少女像を撤去した。
4.元慰安婦への賠償について、日本政府は一貫して「日韓基本条約(1965年)に伴う協定で解決済みだ」という立場を取っている。

問2

日本の消費税について、正しい記述を次から一つ選びなさい。

1. 消費税は応能負担の原則に基づいており、逆進性は低い。
2.消費税が導入されたのは1989年で、当時の税率は3%だった。
3.税率が現在の8%に上がったのは2014年で、野田佳彦内閣の時だ。
4.安倍晋三首相は2017年、税率10%への引き上げを延期することの是非を問うとして衆議院の解散に踏み切った。

問3

「2025年問題」の2025年には、どのようなことが起きたり推測されたりしますか。正しい記述を次から一つ選びなさい。

1. 高齢化率が40%を超える。
2.平均寿命が男女とも90歳代になる。
3.団塊の世代が全員75歳以上となる。
4.国の借金残高が1000兆円を超える。

問4

夏季五輪の1964年東京大会と2020年東京大会について、正しい記述を次から一つ選びなさい。

1. 1964年:高度経済成長期の後半期に開かれた。
2.1964年:白黒テレビが急速に普及し始めた。
3.2020年:政府は大会を機に「共生社会の実現」を目指す。
4.2020年:首都圏を先進的にバリアフリー化された「ホストタウン」にする。

問5

米同時多発テロ(2001年)や、それを受けて始まった米国の「テロとの戦い」について、正しい記述を次から一つ選びなさい。

1. 米同時多発テロを引き起こしたのは国際テロ組織「アルカイダ」だと米国政府は断定した。
2.米同時多発テロを受けた米国の攻撃により、イラクのカダフィ政権が崩壊した。
3.米国は、大量破壊兵器を保有しているとしてアフガニスタンを攻撃した。
4.米国が「テロとの戦い」を始めた当時は、オバマ政権だった。