過去の検定問題

3級出題

問1

「ふるさと納税制度」について、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. 納税者が、祖父母の住む自治体に一定額の税金を納める制度だ。
2.寄付額は年々減ってきた。
3.地方の自治体に集まる多額の税金を、大都市の自治体に移すことが主な狙いだ。
4.自治体が寄付者に「お礼」として渡す品の一部について、「高額すぎる」と指摘されたことがある。

問2

原子力発電所(原発)を電力会社が運転できる期間は、原則【   】年と法律で定められています。【   】に当てはまる数字を、次から一つ選びなさい。

1. 10
2.20
3.30
4.40

問3

私たちは日ごろ、さまざまな「契約」をしています。契約が成立すると、義務と権利が生じます。例えば消費者が店で商品を買う契約で、消費者(A)、店(B)それぞれの「義務」として正しい組み合わせを、次から一つ選びなさい。

1. A-代金を支払う    B-商品を渡す
2.A-代金を支払う    B-代金を受け取る
3.A-商品を受け取る   B-商品を渡す
4.A-商品を受け取る   B-代金を受け取る

問4

インターネット上で発信された情報に対し、批判や中傷などのコメントが殺到することを何といいますか。正しい言葉を次から一つ選びなさい。

1. 拡散
2.リベンジポルノ
3.炎上
4.フィルタリング

問5

中東の都市エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教それぞれにとっての聖地です。これらの宗教について正しい説明を、次から一つ選びなさい。

1. ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三つは一般に、「世界3大宗教」と呼ばれる。
2.ユダヤ教の聖典は、「クルアーン(コーラン)」と呼ばれる。
3.キリスト教の人々はかつて、ドイツのナチス政権により迫害され、虐殺された。これは「ホロコースト」と呼ばれる。
4.イスラム教の教えに基づく食材や調理法で作った食品は、「ハラール(ハラル)フード」と呼ばれる。