過去の検定問題

3級出題

問1

原油の価格が上がると、どのような方向で国内外の経済に作用すると考えられますか。その例に当てはまるものを、次から一つ選びなさい。

1. 国内の電気代が下がる。
2.国内のガソリン価格が値上がりする。
3.原油を生産する国のもうけが減る。
4.原油に頼る日本企業の原材料費が下がる。

問2

日本の人口の動きや年齢構成などについて、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. 1年間に生まれる子どもの数(出生数)が100万人を下回ったことがある。
2.「働き手世代」(15〜64歳)は、年々増えている。
3.人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は近年、8割を超えている。
4.平均寿命とは、重い病気をせず、介護を受けずに過ごせる期間のことだ。

問3

結婚しても姓(名字)を変えずにいたいという声が、国内で上がっています。その理由の例に当てはまるものを、次から一つ選びなさい。

1. 夫婦の姓が違っていれば、同じ姓の場合よりも医療費が安くなるから。
2.夫婦の姓が違っていれば、子育てのために国からもらえる児童手当が高くなるから。
3.結婚後に女性の姓を名乗る男性が急増し、出生数が激減したから。
4.結婚により姓が変わると、仕事を続けるうえで不便だから。

問4

「テロ等準備罪」を新設する法律が2017年、国会で制定されました。組織犯罪を【   】した段階で処罰できる内容です。ただし、憲法違反の疑いがあると指摘する専門家もいます。【   】に当てはまる言葉を、次から一つ選びなさい。

1. 阻止
2.計画
3.実行
4.公表

問5

2018年のサッカー・ワールドカップ(W杯)が開かれたロシアについて、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. オリンピック(五輪)・パラリンピックを含め、国際的なスポーツ大会が開かれたのは今回が初めてだ。
2.天然資源が乏しく、天然ガスや原油の大半を輸入に頼っている。
3.国家元首(国のトップ)はウラジーミル・プーチン大統領だ(2018年6月末時点)。
4.日本にとって昔からの領土である竹島を不法に占拠している。