過去の検定問題

3級出題

問1

アメリカのトランプ大統領が2017年11月、就任後初めて日本を訪れ、安倍晋三内閣総理大臣(首相)と会談しました(日米首脳会談)。日本とアメリカの関係に関連して、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. 今回の首脳会談では、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の問題などが話し合われた。
2.トランプ大統領は、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。
3.為替相場が「1j=100円」から「1j=110円」に変わった時、この変化を「円高・ドル安になった」と言う。
4.日本を訪れる外国人旅行者のうち、国・地域別ではアメリカからの旅行者が最多だ。

問2

日本銀行(日銀)は、【 A 】からの脱却を目指して、【 B 】政策を実施しています。これは「物価を上げるために、世の中に出回るお金の量を増やしてお金の価値を下げる」という政策です。【 A 】【 B 】に当てはまる言葉の正しい組み合わせを次から一つ選びなさい。

1. A−インフレーション(インフレ)  B−金融緩和
2.A−インフレーション         B−金融引き締め
3.A−デフレーション(デフレ)    B−金融緩和
4.A−デフレーション          B−金融引き締め

問3

医療や年金などの「社会保障」は、民間の保険会社が売っている保険と比べてどのような点が大きく異なっていますか。正しいものを次から一つ選びなさい。

1. 個人は加入できない点
2.加入者が納める保険料だけで運営されている点
3.税金は一切使われていない点
4.国や地方自治体もお金を出している点

問4

近年急速に進歩している人工知能(AI)について、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. AIは今後、医療や介護分野に限って活用される見通しだ。
2.AIの課題として、人とコミュニケーションがとれない点が挙げられている。
3.殺人ロボットなど望ましくない目的に、AIが使われる恐れがあるとの指摘がある。
4.AIにより産業が衰退する恐れがあるとして、日本政府はAI開発を制限している。

問5

中東の都市エルサレムは、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教それぞれにとっての聖地です。これらの宗教について正しい説明を、次から一つ選びなさい。

1. キリスト教の人々はかつて、ドイツのナチス政権により迫害され、虐殺された。これは「ホロコースト」と呼ばれる。
2.イスラム教の教えに基づく食材や調理法で作った食品は、「ハラール(ハラル)フード」と呼ばれる。
3.ユダヤ教徒の聖典は、「クルアーン(コーラン)」と呼ばれる。
4.キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の三つは一般に、「世界3大宗教」と呼ばれる。